訪問看護の仕事を選ぶ時に確認したいこと

高齢化の進展や在宅医療の発展などの影響で需要が増す訪問看護は、多くの人にとって身近なものとなりつつあります。
そうした状況の中、訪問看護ステーションに就職をして、在宅医療の現場で看護の仕事を始めたい時には、現場で必要とされる看護のスキルや看護師の役割について正しく理解をすることが重要です。

例えば、コミュニケーションを取るのが難しい患者を担当する場合には、服薬や検温、採血などの際に、文字やジェスチャーなどを用いたり、家族に協力を求めたりすることも必要になります。
また、訪問看護の現場では、自分で栄養を摂取することが難しい高齢の患者に対しては、経管栄養や中心静脈栄養などの処置を行うこともあるので、働きながら処置のポイントをしっかりと押さえることも欠かせません。
そして、訪問看護師として常に質が高い看護を実践するためには、同僚の看護師だけでなく、患者のかかりつけの医師や薬剤師などと連携を取って、適切なケアの方法を検討することが肝心です。

なお、訪問看護のキャリアが短い人や、初めて看護師として在宅医療に携わる人は、新人看護師を対象として丁寧な実務研修が行われている訪問看護ステーションを勤務先に選ぶことをおすすめします。
さらに、将来に向けて訪問看護に関する全般的なスキルを磨きたい場合には、勤務先で研修を受けるだけでなく、休みの日や仕事帰りの時間を使って、医療従事者向けの研修会や座談会などに参加をするといった方法も検討してみましょう。